日韓対立、出口見えず=文大統領発言に批判―日本政府 | NewsCafe

日韓対立、出口見えず=文大統領発言に批判―日本政府

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 韓国の文在寅大統領が年頭記者会見で、元徴用工訴訟に関する解決策を示さないどころか、日本の対応を批判したことで、日韓の対立は出口の見えない状況に陥りつつある。自民党や国内世論の突き上げにより、日本政府が対抗措置の検討を迫られる展開もありそうだ。
 文氏の会見について、佐藤正久外務副大臣は10日のツイッターで「事実を事実として見ない発言の繰り返しだ」と厳しく批判。菅義偉官房長官は9日、関係省庁が連携して毅然(きぜん)と対応するよう既に指示している。
 日本政府は、韓国最高裁が新日鉄住金に元徴用工への賠償を命じた判決に基づく資産差し押さえに反発、日韓請求権協定で定めた政府間協議を韓国側に要請した。だが、菅長官は10日午前の会見で、韓国側から回答がないことを明らかにした。文氏は「真摯(しんし)に知恵を絞らなければならない」と述べたものの、協議の申し入れには言及せず、問題を先送りする姿勢をにじませた。
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top