消えゆく戦闘機F-4「ファントムII」 空自百里基地で「ラストファントム」飛ぶ | NewsCafe

消えゆく戦闘機F-4「ファントムII」 空自百里基地で「ラストファントム」飛ぶ

車・乗り物 乗り物ニュース
2018年12月2日、「百里基地航空祭」にて披露された特別塗装のF-4EJ改「ファントムII」と、こちらも特別仕様のバックプリントを披露する整備員(月刊PANZER編集部撮影)。
航空自衛隊の百里基地には、世界でも類を見ない数のF-4「ファントムII」戦闘機の現役機がいまだ配備されています。2019年にF-35戦闘機への機種転換を控える同基地の第302飛行隊が、イベントで最後の雄姿を見せました。

第302飛行隊の「ラストファントム」に世界が注目

 2018年12月2日、航空自衛隊百里基地(茨城県小美玉市)で開催された「平成30年度百里基地航空祭」には、毎年のことながら地元住民のみならず、日本中から多くのファンが駆けつけ、盛大なお祭りとなりました。しかし今回、例年の賑わいとはひとつだけ違った様相がありました。

 それは、海外からの来訪者の数。例年になく、大きなカメラを持った海外の観客が多い基地祭となったのです。彼らのお目当てはF-4EJ改、通称「ファントムII」。40年以上も日本の空を守り続けてきた「ファントムII」の、百里基地に所属する第7航空団 第302飛行隊における最後の雄姿を目に焼き付けたいと、世界中からファンが集まってきていたのでした。
《乗りものニュース》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top