経産省、太陽光買い取り2割減額=19年度、家庭の負担抑制 | NewsCafe

経産省、太陽光買い取り2割減額=19年度、家庭の負担抑制

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/ADMINISTRATION
 経済産業省は9日、事業者が太陽光で発電した電気の買い取り価格について2019年度は前年度比22%引き下げ、1キロワット時当たり14円とする方針を決めた。太陽光パネルの価格下落などを反映した措置。買い取りにかかるコストは電気料金に上乗せされており、引き下げを通じて家庭の負担抑制を目指す。
 大手電力などの電気料金への上乗せ額(18年度)は計2兆4000億円に上る。再生可能エネルギーの普及に伴う買い取りのコスト増大を抑えるため、経産省は22年度に買い取り価格を8円50銭程度まで引き下げる方針だ。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top