「エステやネット通販の契約を解除したい…」 クーリング・オフは使える? 制度の注意点、返品手順などについて解説します。 | NewsCafe

「エステやネット通販の契約を解除したい…」 クーリング・オフは使える? 制度の注意点、返品手順などについて解説します。

社会 ニュース
「エステやネット通販の契約を解除したい…」 クーリング・オフは使える? 制度の注意点、返品手順などについて解説します。

最近は洋服や化粧品、その他さまざまな物が、インターネットの通信販売で手軽に買えるようになりました。

ただ、その場合現物を見ずに買うため、色が思ったのと違っていたり、サイズが合わないなどから、買うのを止めたいと思うことがあるでしょう。

1度購入をした商品などの契約を途中で止める方法として、真っ先に思いつくのが「クーリング・オフ」の制度です。

「クーリング・オフ」とは?

「クーリング・オフ」とは、契約の申込みや契約を結んだあとに、一定期間の間(8日間ないし20日間、取引により異なります)であれば無条件で契約申込の撤回や解除ができる制度です。

クーリング・オフについては、特定商取引に関する法律(以下「特商法」といいます。)などで定められています。

通信販売のとき使えるの?

クーリング・オフの制度は、ネット通販のような「通信販売」(特商法では、「通信販売」は事業者が新聞や雑誌、インターネットなどで広告し、商品などの販売やサービスの提供を行う取引のこと、ネット通販のほか、テレビショッピングやネットオークションなどをいいます)では設けられていないのです。

これは、通信販売の場合、訪問販売など不意打ちのような形で勧誘され、契約に至るのと違って、自分でインターネットなどに掲載されている広告を見て申込をし、商品などを購入していることから、冷静に判断できる状況の下、自分の意思で契約の申し込みをしているといえるからとされています。

その代わり、特商法では、クーリング・オフに類似の制度として、商品の引き渡しを受けたときなどから8日間は、申込の撤回または売買契約の解除ができるという返品の制度があります。

ただ、この制度の注意点としては

・サービスの利用の場合、物でないので返品できないこと。

・返品するのにかかる郵送料などは売り主ではなく、買った人の負担になること。

《マネーの達人》

特集

page top