よい治療を受けるためには「患者としてのスキル」も必要!? | NewsCafe

よい治療を受けるためには「患者としてのスキル」も必要!?

健康・生活 もこすく
よい治療を受けるためには「患者としてのスキル」も必要!?
執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社とらうべ
病気になって病院やクリニックを受診するとき、正確な診断と早く治る処方箋(服薬はもちろん、注意点やリハビリテーションのアドバイスなど)がほしい…という思いは誰しも一緒です。
世の中にはたくさんの病院があって、さまざまな医師がいます。
私たち患者側は、医者とどのように接するべきなのでしょうか?
自分が納得して満足できる、よりよい治療を受けるために、今回は「患者としてのスキル」について考察します。

受診するクリニックや病院の選び方


何の病気か皆目見当がつかないと、最初から大学病院や有名な総合病院を受診したくなりますが、それはあまりおすすめしません。
紹介状がないと初診料が掛かるうえ、待ち時間も長いことが多いです。
まずは近くのクリニックを受診しましょう。
クリニックを受診する際もコツが必要です。
たとえば風邪を引いたとすると、多くの方は内科を選択するのではないでしょうか。
《Mocosuku》

特集

page top