元DeNAロマック、韓国で“変貌”を遂げたワケ「野球を楽しんでいなかった」 | NewsCafe

元DeNAロマック、韓国で“変貌”を遂げたワケ「野球を楽しんでいなかった」

スポーツ フルカウント
かつてDeNAにも所属していたジェイミー・ロマック【写真:編集部】
■2017年にSKワイバーンズに移籍し、今季は43本塁打

 元DeNAの外野手で、今季は韓国のSKワイバーンズで43本塁打を放ったジェイミー・ロマック外野手。2016年にダイヤモンドバックスからDeNAに加入し、打率.113、0本塁打2打点に終わり、わずか1年で退団となったものの、その後、新天地に求めた韓国で大活躍を収めている。

 2017年5月に韓国のSKへ移籍すると、途中加入で31本塁打を放った。2年目となった今季はさらに本塁打を量産。マイナー通算200本塁打以上を放ったパンチ力をいかんなく発揮して43本塁打。来季もSKでプレーすることが決まっている。

 アメリカンドリームならぬ“コリアンドリーム”を成し遂げることとなったロマックを、出身地であるカナダ・オンタリオ州ロンドンの地元メディア「ロンドン・フリー・プレス」が特集。その中で変貌を遂げた要因や韓国野球、そして日本の野球について語っている。
《Full-count》

特集

page top