子どものためにも。 虫歯になりにくい「おやつ」はどれ? | NewsCafe

子どものためにも。 虫歯になりにくい「おやつ」はどれ?

健康・生活 もこすく
子どものためにも。 虫歯になりにくい「おやつ」はどれ?
執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー)
医療監修:株式会社とらうべ
食事よりも甘い物が選ばれやすい「おやつ」。
甘いので虫歯になりやすいイメージがあると思いますが、実際に甘い物の食べ過ぎは虫歯につながります。
とくにお子さんの虫歯は気になるところ。
虫歯になりにくい「おやつ」があるといいですよね。
そこで今回は、虫歯とおやつの関係を詳しく解説していきます。

どうして甘い物を食べると虫歯になるの?


虫歯菌は糖質を栄養源として生きています。
ネバネバしたプラーク(歯垢)を作り、これが虫歯菌の巣となり、繁殖していきます。
虫歯菌は糖質を取り入れると酸を作り出します。
この酸が歯の表面にあるエナメル質を溶かして虫歯を作るのです。
糖質には多くの種類がありますが、なかでも虫歯菌が好むのは、「ショ糖」という種類の糖です。
これは甘さのもととなる、いわゆる「砂糖」を作っている糖です。
《Mocosuku》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top