「確定申告の失敗事例」 確定申告したばっかりに各種保険料がアップ | NewsCafe

「確定申告の失敗事例」 確定申告したばっかりに各種保険料がアップ

お金 マネーの達人
「確定申告の失敗事例」 確定申告したばっかりに各種保険料がアップ

銀行では、様々な金融商品を取り扱っています。投資信託・外貨預金・債券・保険商品…。銀行は、ここ20年であらゆる投資商品を扱うようになりました。

投資商品で切っても切り離すことが出来ないのが税金です。

今回は、投資商品における確定申告の失敗例について詳しく説明していきます。

一般口座・特定口座(源泉徴収なし)での投資信託を解約した場合

投資信託は、最近はほとんどの人が、特定口座(源泉徴収あり)で運用をしていると思います。

特定口座(源泉徴収あり)とは、投資信託で利益が出ても確定申告が必要なく、自動的に税金を納めてくれる口座です。

しかし、中には一般口座や特定口座(源泉徴収なし)の口座で投資信託を保有している人もいると思います。

これらの口座の場合、利益が出た時は、確定申告が必要になります。

ではなぜ一般口座などで運用をしている人がいるかというと利益20万円以下に関しては、確定申告の必要がないからです。

しかし特定口座(源泉徴収あり)を選択してしまうと、20万円以下の利益でも税金が取られてしまうので一般口座などを選択する人がいるのです。

投資信託で損益通算や損失の繰り延べを行う場合

投資信託は、損益通算や損失の繰り延べを行う場合も確定申告は必要になります。

損失を通算したい場合は、特定口座(源泉徴収あり)でも確定申告は必要なります。

損益通算とは、

・A銀行で100万円利益

《マネーの達人》

特集

page top