事故の可能性はあり得るか? 海自P-1哨戒機へ韓国駆逐艦が「ロックオン」 | NewsCafe

事故の可能性はあり得るか? 海自P-1哨戒機へ韓国駆逐艦が「ロックオン」

車・乗り物 乗り物ニュース
ミサイルを妨害するフレアを投下する海上自衛隊の哨戒機P-1。機首部上部にレーダーを逆探知するESMを装備している(関 賢太郎撮影)。
海上自衛隊のP-1哨戒機が、韓国海軍の駆逐艦「広開土大王」から火器管制レーダーを照射されました。ただごとではありませんが、どう読み解けるでしょうか。

「レーダー照射」が意味するものは?

 2018年12月21日(金)、防衛省が発表したところによると、20日(木)15時ごろ能登半島沖において、海上自衛隊厚木基地 第4航空群3航空隊所属の哨戒機P-1が、韓国海軍駆逐艦「広開土大王(クァンゲト・デワン)」から火器管制レーダーを照射されました。

 駆逐艦が、レーダーを使用すること自体は珍しくありません。もちろん韓国海軍の駆逐艦だけではなく、海上自衛隊の護衛艦も日常的に使用しています。「広開土大王」は空中の目標に対して、「対空索敵用レーダー(AN/SPS-49)」と「火器管制レーダー(STIR)」を使用しますが、ではなぜ防衛省はあえてこれ発表したのでしょうか。 それは今回、使用されたものが「火器管制レーダー」であるためです。 対空索敵用レーダーは、アンテナを回転させ電波を広範囲に発信し、全周囲を警戒するために使いますが、「火器管制レーダー」は、対空索敵用レーダーによって探知した「目標」に対してアンテナを向け続け、リアルタイムで相手の情報を取得する目的に使われます。 このように、相手にレーダー電波を指向し続けることを「照射」と呼んでおり、より広く使われている言葉では「ロックオン」とも表現されます。そしてこの火器管制レーダーはもっぱら、艦対空ミサイルの誘導や艦砲射撃のために使用されます。 つまり「広開土大王」がP-1に対してレーダー照射したという事実は、艦対空ミサイルによって「照準中」であることを意味するのです。したがって火器管制レーダーの照射は、相手に対して攻撃の意図を示すことになり、よほどのことがない限り行われません。
《乗りものニュース》

特集

page top