海にも出る陸自、攻撃ヘリに求めるものは? ベル社AH-1Z、次期ヘリ選定に自信アリ | NewsCafe

海にも出る陸自、攻撃ヘリに求めるものは? ベル社AH-1Z、次期ヘリ選定に自信アリ

車・乗り物 乗り物ニュース
米海兵隊 駐沖縄部隊のAH-1Z「ヴァイパー」攻撃ヘリ(写真左)と、UH-1Y「ヴェノム」汎用ヘリ(画像:アメリカ海兵隊)。
退役が迫る陸自AH-1S「コブラ」対戦車ヘリの後継機選定に関し、候補のひとつと目されるAH-1Z「ヴァイパー」について、メーカーであるベル社が自信をのぞかせています。

アメリカ海兵隊員の頼れる相棒

 2018年11月28日より東京ビッグサイトにて3日間の日程で開催された「国際航空宇宙展2018東京」へ、アメリカのベル・ヘリコプター(以下「ベル社」)は、攻撃ヘリコプターAH-1Z「ヴァイパー」のモデルを展示しました。これはアメリカ海兵隊にて、AH-1W「スーパーコブラ」攻撃ヘリを置き換える形で、2010年代から本格的な運用が始まったばかりの新しい攻撃ヘリで、日本にとっても今後、縁深い機体になるかもしれません。

 AH-1Z「ヴァイパー」は、機首に装備する20ミリ機関砲や、機体両側面の翼に装備するロケット弾や爆弾、さらに誘導式対戦車ミサイル「ヘルファイア」によって、敵歩兵や装甲車両を攻撃可能で、また翼両端に装備する空対空ミサイルによって敵航空機をも攻撃できます。 機体の重要部分には防弾性が付与されているほか、携行式地対空ミサイル(MANPADS)や、より本格的な地対空ミサイルによる攻撃への備えとして、敵が発するレーダー波やレーザーなどを検知し、万が一ミサイルが発射された場合にはこれを妨害する自己防御システムを搭載するなど、敵の脅威がある地域でも機体と乗員を防護するための最大限の工夫がなされています。
《乗りものニュース》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top