「イブー」「アウル」と命名=りゅうぐう探査ロボ―JAXA | NewsCafe

「イブー」「アウル」と命名=りゅうぐう探査ロボ―JAXA

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は13日、探査機「はやぶさ2」から小惑星りゅうぐうに投下され、ジャンプしての移動や写真撮影に成功した2台の小型探査ロボット「ミネルバ2―1」を、それぞれ「イブー」「アウル」と命名したと発表した。
 JAXAによると、ローマ神話の女神「ミネルバ」と共に描かれるフクロウやミミズクを表すフランス語の「イブー(HIBOU)」と英語の「アウル(OWL)」から取った。
 2台はJAXAと会津大(福島県会津若松市)などが開発。いずれも直径18センチ、高さ7センチの円筒形で重さは約1キロ。内蔵モーターを回転し、反動を利用してりゅうぐうの表面を飛び跳ねる形で移動する。   宇宙航空研究開発機構(JAXA)は13日、探査機「はやぶさ2」から小惑星りゅうぐうに投下され、ジャンプしての移動や写真撮影に成功した2台の小型探査ロボット「ミネルバ2―1」を、それぞれ「イブー」「アウル」と命名したと発表した。
 JAXAによると、ローマ神話の女神「ミネルバ」と共に描かれるフクロウやミミズクを表すフランス語の「イブー(HIBOU)」と英語の「アウル(OWL)」から取った。
 2台はJAXAと会津大(福島県会津若松市)などが開発。いずれも直径18センチ、高さ7センチの円筒形で重さは約1キロ。内蔵モーターを回転し、反動を利用してりゅうぐうの表面を飛び跳ねる形で移動する。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top