ダイエット向きはどれ?白米・発芽玄米・雑穀米を徹底検証! | NewsCafe

ダイエット向きはどれ?白米・発芽玄米・雑穀米を徹底検証!

グルメ オリーブオイルをひとまわし
ダイエット向きはどれ?白米・発芽玄米・雑穀米を徹底検証!

オリジナルサイトで読む >

日本の一般家庭では、どのような“米”を食べているだろう?もっとも多いのは白米だが、ダイエットや健康を意識して玄米や雑穀米を選ぶ家庭も増えている。そこで今回は、白米・発芽玄米・雑穀米のカロリーや糖質を比較し、どの米がダイエットに向くのかを検証する。

1. 白米の特徴と栄養

白米の特徴

ラーメンやうどんなど、"日本の国民食"と呼ばれる食べ物は多い。しかし、日本の食文化の中心にあり、日本の食生活にもっとも重要なものはやはり"米"だ。日本では3000年以上前から米が食べられてきた。単なる食料ではなく年貢として使われた歴史もあるほど、米は日本の歴史や生活に密接に関係していたのだ。現在、一般的に食べられている米は"白米"である。白米とは玄米を精米した米で、上流階級は江戸時代から食していたが、一般市民が食べるようになったのは戦後である。単独でも美味しく、いろいろな料理との相性も良い。

白米はダイエット向き?

ご飯やパンなどの主食を抜いておかずだけを食べるダイエット法"炭水化物抜きダイエット"は、形を変えながら何十年も前から繰り返し流行している。主食を完全に排除しなくとも、日常的にご飯の量を減らすことが当然となっている人も珍しくない。しかし、ご飯は本当にダイエットの敵なのだろうか?ご飯一膳はおよそ140 g〜160g。カロリーにすると269kcalほどだ。そして、ダイエット中に気になる糖質(炭水化物)は、約60gである(糖質の計算方法は、炭水化物−食物繊維)。白米を抜くダイエットでは体から水分を抜いてしまうため、その分体重に変化が見られるとは言えそうだ。しかし、白米を抜くことによって、人間の体にとって重要な代謝が抑えられてしまうのも事実。では、数ある米の中でも、少しでもダイエットに向くものはないのだろうか?次章以降では、発芽玄米と雑穀米についても見てみたい。
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

特集

page top