『M-1』暴言騒動…「よしもと」芸人は“身内”に優しいのか | NewsCafe

『M-1』暴言騒動…「よしもと」芸人は“身内”に優しいのか

芸能 まいじつ/entertainment
『M-1』暴言騒動…「よしもと」芸人は“身内”に優しいのか

『M-1グランプリ2018』の大会終了後、決勝7位に終わった『スーパーマラドーナ』武智と昨年優勝コンビ『とろサーモン』久保田かずのぶが起こした、審査員・上沼恵美子への暴言事件。この2人に対して、すでに沢山の批判が寄せられたが、具体的な処分がないことに疑問の声が出ている。


【関連】来年の『M-1』審査員は視聴者?大会の権威が失墜する理由とは ほか

今年の『M-1』終了後、武智は決勝放送後の打ち上げをインスタグラムで動画配信し、久保田とともに「右のオバハンにはみんなうんざりですよ」「自分の感情だけで審査せんといてください」「更年期障害か」と上沼への誹謗中傷を繰り返した。


一連の事態はすぐにお笑い界を駆け巡り、「よしもと」の先輩たちも相次いでコメントを発表。『M-1』で司会を務めている今田耕司は「お酒は怖いな、と。お酒は気を付けなあきません」などとコメントし、『ナインティナイン』の岡村隆史も「ネットの皆さんもどうやこうやいうのも分かりますけど、ちょっと熱くなり過ぎているところがある」「もうちょっと何とかなってほしい」と自身のラジオで収束を願った。


《まいじつ》

特集

page top