剛力彩芽の不在でメディアが来ない「オスカー晴れ着撮影会」上層部が宣伝部にパワハラまがいのゴリ押しを要求!? | NewsCafe

剛力彩芽の不在でメディアが来ない「オスカー晴れ着撮影会」上層部が宣伝部にパワハラまがいのゴリ押しを要求!?

芸能 サイゾー
 大手芸能事務所オスカープロモーションの現社長と、その娘婿である役員によるパワハラが原因となり、同社で40人以上の社員が退社したという問題が、今なおくすぶり続けているという。

 今年4月に「週刊文春」(文藝春秋)が報じて明らかになった、このパワハラ疑惑。パワハラ被害を受けていた社員はあらかた退社したとも言われていたが、また新たなパワハラが生じているのではないかとささやかれている。

「12月4日に、オスカーの若手女性タレントによる『晴れ着撮影会』が行われました。毎年行われているものですが、昨年まで出席していた剛力彩芽が今回は欠席、岡田結実と藤田ニコルが目玉という少々話題性にかけるメンツだったこともあって、事前の取材申し込みが、かなり少なかったらしいです。社長としては、その状況がどうも納得いかなかったようで、オスカーの宣伝部のケツを叩いて、多くの媒体にハードな売り込みをかけさせたとのことです。社長命令ということで宣伝部が奔走していましたが、無茶振り感がすごくて不憫でしたよ」(出版関係者)

 宣伝部の猛烈な売り込みのおかげもあってか、撮影会には多くのマスコミが駆けつけた。

「ZOZOの前澤友作社長との熱愛で“スキャンダル枠”になってしまった剛力は、オスカー若手の主力から離れ、今後は岡田結実や高橋ひかるといったところを押してくそうです。撮影会の取材だけでなく、彼女たちの特集を組んでくれとの司令が下りて、宣伝部の人たちがいろんな出版社に営業を掛けるべく走り回っているみたいです。ノルマがあるのかどうかはわかりませんが、宣伝部の人たちは相当疲弊しているようで、新たなパワハラ案件にしか見えません」(同)

 疑惑を報じられ、大量退社を招いてもなお、オスカーのパワハラ体質は変わらないのだろうか。さらには、元社員たちの逆襲もまだまだありそうだという。

「一連のパワハラ報道の裏側で、複数の元社員たちがいろいろな情報をリークしているのは言うまでもないでしょうが、世に出ていない情報はまだまだあると言われています。もしも、オスカー社内のパワハラ体質が改善されないのであれば、元社員たちが次なる燃料を投下してくる可能性は大いにあるのでは」(芸能事務所関係者)

 どうやら簡単に解決しそうにないオスカーのパワハラ疑惑。パワハラしてまでも売り出されるタレントたちは、なんとも複雑な気持ちであろう。
《サイゾー》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top