同性愛嫌悪投稿で司会辞退=コメディアンのハート氏謝罪―米アカデミー賞 | NewsCafe

同性愛嫌悪投稿で司会辞退=コメディアンのハート氏謝罪―米アカデミー賞

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/INTERNATIONAL
 【ロサンゼルス時事】米コメディアンのケビン・ハート氏(39)は6日、同性愛への嫌悪を示したような過去のツイッター投稿に対する批判を受け、来年2月24日に開かれるアカデミー賞授賞式の司会を辞退すると表明した。ツイッターで「LGBTQ(性的少数者)の人々に過去の無神経な発言を心からおわびする」と謝罪した。
 ハート氏は4日、アカデミー賞で司会を務めることを発表し、「長年の目標だった」と喜んだ。しかし、その後、2009年から11年にかけて、男性同性愛者を侮蔑するような投稿をしていたことが米メディアの報道で発覚した。
 一部は削除されたが、ネット上で拡散し、非難が殺到。ハート氏は「多くの素晴らしい才能あるアーティストによって祝福されるべき夜を邪魔したくない」と辞退の理由を説明した。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top