あおり運転で男を書類送検=暴行罪を適用―高知県警 | NewsCafe

あおり運転で男を書類送検=暴行罪を適用―高知県警

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 高知自動車道であおり運転を行い、進路をふさいで停車させたとして、高知県警高速道路交通警察隊は7日、暴行容疑で会社員の男(21)=同県大豊町=を書類送検した。容疑を認めているという。暴行罪であおり運転を検挙したのは県内初。
 送検容疑は8月11日午後9時10分ごろから約6分間、普通乗用車で同県南国市の高知道下り車線を走行中、同県の50代の女性の普通車を約9キロにわたって後ろからあおり、本線から料金所へ向かう途中で無理やり停車させた疑い。
 同隊によると、男は女性の車に対し、割り込みや幅寄せなども繰り返し、停車させた後に降車して女性に暴言を吐いたという。捜査の結果、継続して危険な運転を行い、事故を起こす可能性があったとして、暴行罪を適用した。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top