京都市教委×NEC×京大「未来型教育」実証事業を開始 | NewsCafe

京都市教委×NEC×京大「未来型教育」実証事業を開始

社会 ニュース
AIと
  • AIと
  • 京都市教育委員会
  • 日本電気(NEC)
  • 京都大学学術情報メディアセンター
 京都市教育委員会は2019年1月より、日本電気(NEC)や京都大学学術情報メディアセンターと「未来型教育 京都モデル実証事業」を開始する。市内の小中学校を対象に、AIなどの先進技術を活用した協働学習における学習状況の可視化・評価と統合的な学習データ分析を行う。

 「未来型教育 京都モデル実証事業」は、義務教育段階における個々の子どもに応じた学習の実現と教員の指導力向上が目的。授業における子どもの発話や感情などを可視化するNECの「協働学習支援ソリューション」の活用、京都大学学術情報メディアセンターの緒方広明教授の「ラーニングアナリティクス」「エビデンスに基づく教育を実現するための情報基盤」などの協働学習に関する学術的知見・研究協力により実現する。

 対象学校は京都市立加茂川中学校(16学級462名)と京都市立七条第三小学校(16学級427名)、期間は2020年3月までを予定。2018年度は、加茂川中学校1年生2学級、七条第三小学校の3年生1学級および4年生1学級で実施される。
《黄金崎綾乃》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top