声優・梶裕貴、ニュース読みに挑戦! “激ムズ原稿”を完璧に読み切り、絶賛の声殺到 | NewsCafe

声優・梶裕貴、ニュース読みに挑戦! “激ムズ原稿”を完璧に読み切り、絶賛の声殺到

芸能 AbemaTIMES/バラエティ
声優・梶裕貴、ニュース読みに挑戦! “激ムズ原稿”を完璧に読み切り、絶賛の声殺到

 AbemaTV(アベマTV)で『三ツ矢雄二と関智一の人気声優にお願い!ランキング #1』が放送され、番組総合プロデューサーに声優の三ツ矢雄二と関智一、ゲストには梶裕貴が登場。トークを繰り広げた。


 今年10月からテレビ朝日系にて放送中の当番組では、来年2019年春ごろを目指し、番組主催による声優ファンに贈る感謝祭イベントの開催が決定。「ぜひこのイベントに出てもらいたい!」という人気声優をプロデューサー自らキャスティング交渉し、あの手この手で口説いていく。


 イベント総合プロデューサーには、『タッチ』の上杉達也役でお馴染みの三ツ矢雄二と、『ドラえもん』のスネ夫役で人気の関智一が就任。2人が番組MCを務め、第一線で活躍する声優をゲストに招き人気声優のキャラクターを深掘りトーク、最終的に人気声優を口説いてイベントへの出演をオファーする。

 記念すべき第1回目のゲストには、アニメ『進撃の巨人』のエレン・イェーガーや、『七つの大罪』のメリオダスなど、人気キャラクターの声を担当する大人気声優・梶裕貴が登場。番組では、声優の卵に聞いた「梶裕貴に聞きたいこと」をランキングで紹介。さらに、アニメファンが梶にして欲しい「あんなこと」「こんなこと」に、梶がその場で挑戦した。


 ファン150人に聞いた「梶裕貴にやって欲しいこと」の第3位は「イイ声でニュース原稿を読んで欲しい!」。通常、ニュース原稿を読むのはアナウンサーだが、プロデューサーの三ツ矢に「アナウンサーの役が来るかもしれないから」と促され、梶も「それを言われたら確かに……」とニュース原稿に挑戦。

 関が「役として設定をつけてもらっていいですか?」と無茶振りをすると、三ツ矢から「入社したときに1番元気でイケメンで格好良くて颯爽としてて……新人のデキにデキるアナウンサー」というキャラクターがリクエストされた。

 スタジオに用意されていたニュース原稿を読む梶。しかし、途中で三ツ矢から“激ムズニュース原稿”が投入され、いきなり渡された原稿を初見で噛まずに読めるか試されることに。

 突然渡された原稿にもかかわらず、タイ・バンコクの正式名称「クルンテープ・プラマハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロックポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロ ム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット」を見事噛まずにパーフェクトに読み切った梶に、三ツ矢と関も拍手喝采。AbemaTVのコメントにも「すごーい!」「素晴らしい!!」「さすがプロ」など、絶賛するコメントが殺到。中には「声優ファン感謝イベントきて」とイベント出演を熱望する声もあった。

 梶のアナウンサー顔負けの原稿読みに、プロデューサーの関も「すごい! 合格ですよ」と太鼓判を押していた。


「梶裕貴にやって欲しいこと」第1位&第2位は? ▶︎動画はこちら【期間限定・無料】

《AbemaTIMES》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top