49歳男に無期求刑=保育士刺殺事件―福岡地裁 | NewsCafe

49歳男に無期求刑=保育士刺殺事件―福岡地裁

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 福岡市南区で2016年10月、保育士の肱岡綾音さん=当時(28)=を刺殺したとして、殺人罪などに問われた冨士田清治被告(49)の裁判員裁判の論告求刑公判が7日、福岡地裁(中田幹人裁判長)であり、検察側は無期懲役を求刑した。判決は19日午後に言い渡される。
 検察側は論告で、肱岡さんの心臓に深い刺し傷があることなどから、被告側が主張するような突発的な犯行ではなく強い殺意があったと指摘。「複数の前科で服役してもまた似た罪を犯してきた。更生効果は乏しく、生涯をかけて罪を償うべきだ」と述べた。
 弁護側は改めて殺意を否定した上で、過去の刑務所での模範的な生活態度や反省の姿勢を挙げ、「被告の更生の意欲は強く、自身の問題点を解決できる」と訴えた。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top