2019年のFA市場はどうなる? 目玉は西武秋山、広島は4選手が権利取得か | NewsCafe

2019年のFA市場はどうなる? 目玉は西武秋山、広島は4選手が権利取得か

スポーツ フルカウント
西武・秋山翔吾【写真:荒川祐史】
■菅野、則本らは海外FA権取得まで動きなしか

 2018年のNPBのフリーエージェント(FA)戦線は、パ・リーグ打点王の浅村栄斗が西武から楽天へ、セ・リーグMVPの丸佳浩も広島から巨人への移籍を表明するなど、キャリア全盛期を迎えている大物選手が新天地での挑戦を選んだ。そのほか、炭谷銀仁朗が西武から巨人へ移り、中村剛也は西武への宣言残留を選択。残るは、まだ去就が未定となっている西勇輝(オリックスからFA)ただ1人となった。

 まだ今季のFA市場も幕を閉じていないが、来季に目を向けると、やはり各球団の主力クラスに、順調にいけば、FA権を取得する選手がいる。特に注目なのが、FAによる他球団への流出が相次いでいる西武。今年の浅村に続いて、主力である秋山翔吾外野手が来季中に海外FA権を取得する見込みとなっている。

 11月の日米野球にも侍ジャパンの一員として出場した秋山は、MLBでのプレーも視野に入れているとされ、権利行使となれば、NPB、MLB入り乱れての争奪戦となるのは間違いない。毎年のように主力がFA移籍している西武としても、これ以上の流出は避けたいところで、走攻守三拍子そろったNPB屈指の外野手の周囲が騒がしくなる。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top