北海道と東北、大雪強風注意=低気圧通過、冬型に―気象庁 | NewsCafe

北海道と東北、大雪強風注意=低気圧通過、冬型に―気象庁

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 気象庁は7日、東北地方では日本海側を中心に暴風や高波に警戒するよう呼び掛けた。7日夜から8日にかけては大雪に注意が必要。北海道では8日にかけて大雪や強風に注意が必要となる。
 日本海にある低気圧が急速に発達しながら北海道付近を通過し、その後は冬型の気圧配置が強まる見込み。北海道と東北の日本海側では大雪や吹雪、路面の凍結で交通が乱れる恐れがある。
 8日午前6時までの24時間予想降雪量は、北海道では日本海側が50センチ、オホーツク海側が40センチ、太平洋側が25センチ。東北では日本海側の山沿いが30センチ、日本海側の平地と太平洋側の山沿いが20センチ、太平洋側の平地が10センチ。
 東北の日本海側の7日の最大瞬間風速は30メートル、波の高さは5メートル。北海道の8日にかけての最大瞬間風速は25~30メートルと予想される。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top