松本人志が明かした『ダウンタウン』時代に衝撃を与えたネタ作り法 | NewsCafe

松本人志が明かした『ダウンタウン』時代に衝撃を与えたネタ作り法

芸能 まいじつ/entertainment
松本人志が明かした『ダウンタウン』時代に衝撃を与えたネタ作り法

12月6日に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、松本人志が『ダウンタウン』が現役バリバリで漫才をしていた時代の「秘密」を明かした。視聴者からは松本の回顧に驚きの声を上げると同時に、現代の若手芸人との違いに過去への郷愁の声が上がっている。


【関連】タモリ、さんま、ダウンタウン、中居…大物司会者の「面白くする」テクとは ほか

この日は、ゲストにお笑いトリオの『ハナコ』が登場し、番組はVTRを用意、ツッコミの秋山寛貴と岡部大は、喫茶店でネタ帳やスマートフォンを片手にネタ作りに励む一方、菊田竜大は女子大生の友達とカラオケで遊んでいる光景が映された。


『ハナコ』の秋山は、現代の若手芸人は漫才、コントのネタをスマホで書くことが多いと明かしつつ、ダウンタウンに「(ネタ作りをするときは)どんな感じだったんですか?」と質問する。


 


「ネタはメモに残さない」松本人志の回顧に大反響


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top