酒井法子『泥沼』裁判中でも「3万円ディナーショー」絶好調の理由 | NewsCafe

酒井法子『泥沼』裁判中でも「3万円ディナーショー」絶好調の理由

芸能 まいじつ/entertainment
酒井法子『泥沼』裁判中でも「3万円ディナーショー」絶好調の理由

日本中を騒がせた覚せい剤取締法違反での逮捕・起訴から、来年で10年を迎える酒井法子。先日は一部マスコミで泥沼裁判による自宅追い出しの危機も報じられたが、意外にもタレント活動は順調のようだ。


【関連】酒井法子「まるでテロリスト」!? 報道写真に衝撃が走ったのは… ほか

『週刊新潮』12月6日号によれば、現在、酒井は2件の裁判を抱えているとのこと。1件は自身が被告となった裁判で、逮捕以降の酒井が住んでいたビルが“不法占有”だと大家から立ち退きを求められているという。


2件目はこれに対抗する形で起こした裁判で、酒井は不法ではなく、月10万円の賃貸契約を交わした居住だったと主張。のべ1億2000万円を大家側に貸し付けているとして、これまでの賃料の返還を求めている。


 


高額イベント開催も意外に好評!?


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top