末松農水次官にパワハラ疑惑=週刊誌報道、執拗な食事の誘い | NewsCafe

末松農水次官にパワハラ疑惑=週刊誌報道、執拗な食事の誘い

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 末松広行農林水産事務次官に6日、パワハラやセクハラの疑惑が浮上した。7日発売の週刊誌が記事で部下の女性に対しメールなどで執拗(しつよう)に会食に誘っていた疑いを掲載。末松次官は東京都内で記者団の取材に対し、「記憶にない」と述べた。
 写真週刊誌「フライデー」によると、末松次官は2003年ごろ、部下の女性1人に対し、深夜にメールや電話でしつこく食事に誘い、断られると怒鳴るなどしていたとされる。末松次官は「思い当たることはない」と否定した上で、「いずれの方であっても、不愉快な思いをさせたなら申し訳ないと思う」と話した。
 前島明成秘書課長は「農水省としてこのような事案があったということは承知していない」と説明。「ハラスメント事案なので、(被害者)本人に言ってもらえないと動けない」として、通報がない限り調査は行わない考えを示した。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top