被爆者サーローさん、安倍首相と面会できず=「違う意見の人とも語って」 | NewsCafe

被爆者サーローさん、安倍首相と面会できず=「違う意見の人とも語って」

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 ノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)で活動するカナダ在住の被爆者サーロー節子さんは6日、首相官邸で西村康稔官房副長官と面会し、核兵器禁止条約への批准を求めた。サーローさんが要請していた安倍晋三首相との面会は実現しなかった。
 サーローさんは西村氏に「被爆国の日本がいまだ賛同していないのは胸がつぶれるような思いだ」と強調。「核兵器に依存した政策と決別してほしい」などとする首相宛ての手紙を手渡した。
 サーローさんは面会後、東京都内で記者会見し、首相と面会できなかったことについて「推測だがよほど忙しいか、意図的に私を避けたいかだ。違った意見を持った人にも会って語り続けるのが本当のリーダーシップではないか」と指摘した。
 これに関し、菅義偉官房長官は6日の会見で「日程の都合によるものだ」と説明した。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top