仕方ないじゃ済まされない…? 男目線で「一発でナシ」になる40代女性のNG身だしなみ3選 | NewsCafe

仕方ないじゃ済まされない…? 男目線で「一発でナシ」になる40代女性のNG身だしなみ3選

恋愛 OTONA_SALONE/LOVE

男性目線と女性目線での「あれはナシでしょ」と感じる身だしなみは、少々異なる実態にもあります。

同性であれば、女性のちょっとしたNGを見て「ナシだろうけど、わかるわかる。仕方ないときもあるよね」と共感できるものでも、異性は厳しい目を向けていることも。

そこで今回は、時短美容家の並木まきが、男性たちが容赦なく「一発でナシでしょ」と口にした40代女性のNG身だしなみに迫ります。

「ちょっとくらい仕方ないでしょ」でナシすぎるオバサン1:帯状になっている“白髪”

「40代ともなれば、みんなそれなりに白髪が生えてくるのは、自分の経験上もあって理解しています。

だけど、まばらな白髪レベルじゃなくて、帯状に生えるまで放置しっぱなしっていうのは、いかがなものですかね!?

職場にいる40代半ばの女性がこのタイプで、まめに染めるのが面倒らしく、たまに白髪が帯状になっているんです。

“おしゃれ”でそうしているようには到底見えないし、不潔っぽいしズボラなのがバレバレで、彼女とか妻がああだったらイヤだなと思って見ています」(45歳男性/専門職)

「40代になって、一気に白髪が増えてきた!」にお心当たりがある女性も、決して少なくないはず。

そして、意識してマメに染めないと、すぐに目立ち始めるから厄介なのも確かです。

しかしそんなちょっとの「仕方ないよね」が、男性目線だと一発アウトになっていることも……。

「ちょっとくらい仕方ないでしょ」でナシすぎるオバサン2:見るからにツンツンしている顔・腕の“ムダ毛”

「いい歳してまで女性に対して、ツルピカの美肌をいつでもキープしろって言うつもりはないんですけど、中途半端に処理して、伸びかけているムダ毛ほど僕は『イヤだな』と感じるものはありません。

触ったらツンツンしていてちょっと痛かったりもするし、なによりも見た目がイケてないよね。

剛毛系って言うのかなぁ、テーブルなんかで向かい合って座っているレベルでも、顔や腕にそういったツンツン系の毛が見えちゃうと、その時点で僕は『オバチャンだなぁ……』って思っちゃいます。

もはや恥じらいがなくなっちゃっている感じで、残念な印象があります」(45歳男性/不動産会社経営)

普段はムダ毛処理をしていても、忙しいときや疲れているタイミングでは「つい後回しに……」もありがち。

女性からすれば「そんなときだって、あるある!」なシチュエーションでも、たまたまそこを目撃した男性のなかには「一発でナシ」と厳しいジャッジを下す人もいるわけです。

余談ですが、こちらの男性に「脚の場合は?」と質問をしてみると「目立たない箇所だから、そこまで気にならない」とのことでした。

こればっかりはどうしても……とは言わず以後気をつけます

「ちょっとくらい仕方ないでしょ」でナシすぎるオバサン3:はげかけた指先の“ネイルポリッシュ”

「爪先は、見えないようで意外と見えている男性が多いと思いますよ。

個人的に、40代女性がしていると『やっぱりオバチャンって感じだな〜』とガッカリするのが、ところどころはげかけたマニキュアですね。

はげかけたくらいなら、いっそのこと全部落としちゃえばいいのに、それをそのままにしていて平気っていうのがだらしないし、もっと言っちゃうとイヤな意味で生活感しか感じません。

せっかく指先までおしゃれに気を抜かないなら、見た目はキレイに整えておいてほしいですね」(46歳男性/IT会社経営)

イベントごとなどに備えて塗ったネイルポリッシュは、少々はげかけていたとしても、オフが後回しになってしまうのは、多忙な女性ほど「仕方ないでしょ!」な展開。

しかしこちらも、厳しい目を向けている男性が珍しくなさそうな気配です。

ちなみに、こちらの男性に「伸びかけたジェルネイルは?」と聞いてみると「それよりも、はげかけたマニキュアがイヤ」とのことでした。

はげかけのネイルポリッシュ独特の“さびれた雰囲気”に、哀愁を感じてしまうのかもしれません。

「ナシ」なのはわかっていても「忙しいから、仕方ない」で流してしまっているNGがあるのも女性のホンネ。

しかし、そんなNGに対して女性が思う以上に厳しいジャッジを下す男性もいるようですから、意中の彼とのデートではこんなパーツから優先的にフォローしておくと確実かもしれません。

《OTONA SALONE》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top