ソフトバンク携帯で大規模障害=一時、通話・ネット接続が困難に | NewsCafe

ソフトバンク携帯で大規模障害=一時、通話・ネット接続が困難に

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/ECONOMY
 ソフトバンクは6日、全国的に大規模な通信障害が発生したと発表した。午後1時39分ごろから、携帯電話での通話やインターネット接続がしづらくなった。複数の通信設備での不具合が原因。同社は「午後6時4分に完全復旧した」(広報室)というが、一部の地域ではつながりにくい状態が続いた。
 ソフトバンクの携帯電話契約数は、同社が提供する格安ブランドの「ワイモバイル」を含め約4000万件。同社では、通信設備の不具合で、今年2月にも、大規模な通信障害が発生した。
 ワイモバイルのほか、ソフトバンクから回線を借りて通信サービスを展開する格安スマートフォン企業のうち、ケイ・オプティコム(大阪)が提供する「マイネオ」やLINEモバイル(東京)などでも同様の障害が起きたという。ソフトバンクは同日深夜、設備の不具合はスウェーデンの通信機器大手エリクソン製のソフトウエアが原因と明らかにした。
 通信障害の影響は、消防や物流などにも広がった。東京消防庁は、ソフトバンク携帯の通話サービスが不安定となったことを受け、ツイッターを通じて「緊急時は、他社の固定電話または携帯電話から通報してください」と呼び掛けた。
 佐川急便では、一部でソフトバンク回線を使用する運転手の専用通信端末と携帯が使えなくなったため、顧客から再配達や集荷の依頼が届かない事態となった。
 格安航空会社のジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)では、搭乗口でソフトバンクの回線を使ったスマホで搭乗券の照合を行っているが、一時的に手続きが行えなくなった。手作業に切り替えた影響で、午後8時半時点で国内線の計7便に10~15分の遅れが出た。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top