中山美穂『FNS歌謡祭』歌声を補正するも「下手すぎる…」と幻滅 | NewsCafe

中山美穂『FNS歌謡祭』歌声を補正するも「下手すぎる…」と幻滅

芸能 まいじつ/entertainment
中山美穂『FNS歌謡祭』歌声を補正するも「下手すぎる…」と幻滅

12月5日に『2018 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)が放送された。ドラマ『黄昏流星群』(同)に出演中の中山美穂が歌手として登場し、2曲を歌い上げた。中山にとっては久しぶりの歌番組出演となったが、「見た目だけではなく声も劣化した」と非難する声が続出している。


【関連】中山美穂の“ぶりっ子”演技にイラッ!『黄昏流星群』恋愛シーンにツッコミ続出 ほか

『黄昏流星群』で娘の婚約者・春輝(藤井流星/ジャニーズWEST)と不倫する役どころを演じ、ジャニーズファンを中心とした視聴者から嫌われている中山。


過去にヒットさせた持ち歌『WAKU WAKUさせて』『世界中の誰よりきっと』の2曲を披露したが、この歌唱が視聴者から悪口を浴びることとなった。


 


「収録なのにその歌声?」歌唱力の劣化を指摘する声


『FNS歌謡祭』は生放送パートと事前収録パートに分かれているが、中山出演中に「LIVE」のテロップが消えていたため、中山は事前収録パートで参加したようだ。


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top