不自然すぎる!『SMAP』を“歴史から抹殺”したTBS音楽番組の意図 | NewsCafe

不自然すぎる!『SMAP』を“歴史から抹殺”したTBS音楽番組の意図

芸能 まいじつ/entertainment
不自然すぎる!『SMAP』を“歴史から抹殺”したTBS音楽番組の意図

11月19日、TBSの音楽特番『歌のゴールデンヒット-年間売上げ1位の50年-』が放送された。


【関連】「元SMAP禁止令」を無視?『世界に一つだけの花』が日本テレビで熱唱された日 ほか

しかし視聴者からは、「不自然なまでにSMAPが扱われていない」との批判が相次いでいる。


同番組は不定期に放送されており、4回目となる今回は過去50年の「年間売り上げランキング」を紹介。貴重な当時の歌唱映像を織り交ぜながら、昭和歌謡を中心に各年代のヒット曲を放送していった。中でも、多くのミリオンヒットが生まれた1990年代は、イントロクイズという形で各年の1位を発表することに。


「最初に2位から5位までを表示し、出演者は最後に隠された1位をイントロで当てていったのです。ところが、尺の都合上か、中には省略された年も。そこには、SMAPの代表曲『夜空ノムコウ』が年間ランキング2位に輝いた1998年も含まれていました」(テレビ雑誌編集者)


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top