『乃木坂46』の“普通でOK”を「障害者差別」とする批判に疑問 | NewsCafe

『乃木坂46』の“普通でOK”を「障害者差別」とする批判に疑問

社会 まいじつ/society
『乃木坂46』の“普通でOK”を「障害者差別」とする批判に疑問

アイドルグループ『乃木坂46』中村麗乃が、18日放送のNHKラジオ第1『らじらー!』で、障害者を差別する発言をしたとして批判を浴びている。


【関連】“イジメ”が『乃木坂46』内で横行!1年以上“無視”を「美談にするな」 ほか

中村は『オリエンタルラジオ』中田敦彦から「結婚相手はどんな人?」と問われ、「結婚するならちゃんと髪の毛があって~、指が5本あって~、足があって~、立派に立ってる人です!」と返答。するとこの発言が、「障害者差別にあたり不適切ではないか」と問題視されることに。


「中村はその後すぐにブログで『私の不適切な発言があった事をお詫び申し上げます』と謝罪しました。コメント欄には『麗乃ちゃん気にすんな!』『次回からは気をつけて』と言ったファンからの応援の声が上がっています。このコメントは決して障害者差別という意図ではなく、むしろ“高望みしません”というファンサービス的な意味だったはず。この件でまだ17歳の女の子を責めるのは少々酷なような気がしますね」(芸能記者)


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top