バターで食材を焼くと焦げやすいのはなぜ?理由と焦がさない方法 | NewsCafe

バターで食材を焼くと焦げやすいのはなぜ?理由と焦がさない方法

グルメ オリーブオイルをひとまわし
バターで食材を焼くと焦げやすいのはなぜ?理由と焦がさない方法

オリジナルサイトで読む >

フライパンにバターを融かして食材をソテーすると風味のよい一品となる。その一方で、焦げてしまった経験はないだろうか。バターはサラダ油などのほかの油脂よりも焦げやすい性質があるためだ。今回は、バターの性質と焦がさない方法について紹介しよう。

1. バターの性質

バターは、牛乳などの乳から脂肪の粒を集めて練り上げたものだ。乳には脂肪のほかにタンパク質などが含まれており、バターにも同様に含まれている。
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top