乳児用液体ミルク、来春にも国内販売へ | NewsCafe

乳児用液体ミルク、来春にも国内販売へ

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/ADMINISTRATION
 乳児用液体ミルクの国内での製造・販売が、早ければ来春にも始まる見通しになったことが19日、分かった。江崎グリコが同日、製品化に成功したと発表。厚生労働省の承認や消費者庁の表示許可などを得た上で、来春を目標に販売を始め、災害時用の備蓄品として自治体に提供するなどしたい考え。他のメーカーも準備や検討を進めている。
 乳児用液体ミルクは、牛乳などを原料とし、乳児に必要な栄養素を加えた液状の食品。規格基準を定めた改正厚労省令が8月に施行され、国内での製造・販売が解禁された。粉ミルクはお湯で溶かして冷ます必要があるが、液体ミルクは常温で保存でき、開封すればすぐに飲める。
 江崎グリコは同日、東京都文京区や日本栄養士会(東京)などと厚労省内で記者会見し、同区に災害時用の備蓄品として乳児用液体ミルクを提供する計画を明らかにした。同会は来年1月、液体ミルクの備蓄と提供の方法や注意点などを示した自治体・医療機関向けの指針を作成し、周知する。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top