頭に死球、高2死亡=硬式野球の練習試合中―熊本 | NewsCafe

頭に死球、高2死亡=硬式野球の練習試合中―熊本

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 熊本県立熊本西高校(熊本市西区)で18日、硬式野球部の練習試合中に同校2年の男子生徒(16)が頭に死球を受け、19日に死亡が確認された。死因は外傷性くも膜下出血だった。
 県警熊本南署などによると、18日午後1時40分ごろ、同校の男性教諭から「投手が投げたボールが打者の頭に当たり意識がない。呼吸はある」と119番があった。
 男子生徒は右打者で、耳当て付きのヘルメットを着用していた。死球を避けようとしたが左側頭部に当たったとみられ、「痛い」と言ってその場に倒れた。ヘルメットに目立った損傷はなかった。
 同校の野球部は今秋、九州地区大会で8強入りするなどし、県高校野球連盟から来春の選抜高校野球大会の「21世紀枠」に推薦されている。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top