「女性が傷付いているのに見て見ぬふりはできなかった。でも仕事柄、絶対に手は出せなかった」暴行を受けた長与千種さん | NewsCafe

「女性が傷付いているのに見て見ぬふりはできなかった。でも仕事柄、絶対に手は出せなかった」暴行を受けた長与千種さん

社会 AbemaTIMES/社会
「女性が傷付いているのに見て見ぬふりはできなかった。でも仕事柄、絶対に手は出せなかった」暴行を受けた長与千種さん

 19日、けんかの仲裁に入り暴行を受けた事件で、元女子プロレスラーの長与千種さんが記者団の取材に応じた。深夜、大会開催のために訪れていた札幌市内でジンギスカンを食べてホテルに戻る途中、立体駐車場から女性の叫び声が聞こえてきたという。


 「最初はじゃれあっているのかなと思ったが、"助けてください""もうやめてよ"という、聞いたことがないような悲鳴だった。"警察を呼んでください"と言われたので呼んだが、タイムラグがあるだろう、もしレイプされていたり、暴力を受けていたらやばい、と思って、今までにないすごいスピードで(階段を)駆け上がった。すると男が女性に乗っかっていて、足と首を取っているような状態だった。女性は引きずり回され、素足で、膝には擦過傷があって、バッグなども散らばっていた。先に着いた若い子は唖然としてたし、現役の選手に行かせるわけにもいかないし、とりあえず一番身体の大きい私が行っとくかなって」。

 男に対し「女の子に何やってるの!離れて!」と注意し、女性を引き起こした長与さん。「やっていいことと悪いことがあるでしょう、もうしないって約束する?」と男を叱り飛ばし、女性を解放した瞬間、男が長与さんの頭に掴みかかってきたという。


 「髪がブチブチ抜ける音がして、自分の顔が床に着いちゃう、危ない、でも何もできないし、と思って。手を解かないといけないので"やめてよ"って言った途端に右手を持って行かれた。骨に違和感があって"ああやったな"って。普通だったらそこで腕を決めるが、その瞬間に技になってしまう。仕事柄、絶対に手は出せないので、防御だけ。でも、プロレスやっててよかったなって思うのは、傷付けてしまうとその人と同じになってしまうので、自分で良かったのかなって。プロレスラーだから気持ちを止められた」。

 到着した警察官に取り囲まれた長与さんは「私じゃないんですけどって(笑)。テレビで見たことある北海道警察だって思いました(笑)。でも、女の刑事さんがしっかり話を聞いてくださって。すごく丁重に"勇気を持ってやっていただいた"と言われたが、当たり前のことをしただけなので。少しでもプロレスラーが世のためになったのであれば良かったですね。危険な物を所持していればそれ以上のことをするつもりはなかったが、やっぱり傷を負っている女性がいるのに、見て見ぬふりはできなかった。"警察に電話したからでいいですよね"じゃなくて、そういう気持ちを持ちたいですよね。職業間違えたのかな。警察になればよかったかな。お騒がせしました。私はこの程度なので大丈夫です。北海道の人たちは温かいので、またこういうことがあれば守ります」。


 1980年代にライオネス飛鳥さんと結成した「クラッシュギャルズ」で人気を博し、レコードもリリースするなど一大ブームを巻き起こした長与さん。悪役に立ち向かう姿から多くのファンを集めてきたプロレスラーらしいコメントだった。


▶長与さんの会見の模様は期間限定で無料配信中

《AbemaTIMES》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top