2島の自動的引き渡し否定=日本けん制―ロシア大統領報道官 | NewsCafe

2島の自動的引き渡し否定=日本けん制―ロシア大統領報道官

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 【モスクワ時事】ロシアのペスコフ大統領報道官は、日ロ首脳が日ソ共同宣言を基礎に平和条約締結交渉を加速させると合意したことは、北方領土の歯舞、色丹2島の自動的な引き渡しを意味しないと述べ、日本をけん制した。インタファクス通信が18日、国営テレビの番組での発言内容を報じた。
 1956年の日ソ共同宣言は、平和条約締結後の歯舞、色丹2島の日本への引き渡しを明記している。しかし、報道官は宣言を基礎にした交渉に関し、「自動的に何らかの領土を(日本に)引き渡すことを意味していると言えるのだろうか。絶対にそんなことはない」と強調した。
 宣言に関しては、プーチン大統領も15日、「(2島が)どのような根拠で引き渡され、どちらの主権下となるかは述べられていない」と語り、こうした点が今後の交渉対象になるとの考えを示している。報道官の発言によって、2島引き渡しは既定路線ではないというロシア側の厳しい認識が改めて浮き彫りになったと言えそうだ。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top