インドのアーユルヴェーダに欠かせない神秘の薬木「ニーム」に注目 | NewsCafe

インドのアーユルヴェーダに欠かせない神秘の薬木「ニーム」に注目

グルメ オリーブオイルをひとまわし
インドのアーユルヴェーダに欠かせない神秘の薬木「ニーム」に注目

オリジナルサイトで読む >

紀元前から続くインドの伝統医学、アーユルヴェーダ。アーユルヴェーダに欠かせない代表的なハーブが「ニーム」だ。オーガニック栽培に用いられ、健康維持に役立ってきた奇跡の樹木。その神秘的な世界をのぞいてみよう。

1. 和名インドセンダン。神様が授けた最初の木

インドの街路樹などでよく見かけるというニーム(neem tree)という樹木をご存じだろうか。東南アジアから中近東、インド、アフリカ、中南米に広く自生する樹木で、高さは20mほどになる。和名はインドセンダン。神より授かった神秘の樹木として、古代より崇められてきた。
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top