【MLB】大谷の新人王で場外戦!? NYファンに“手のひら返し”記者が反論「直視すべき」 | NewsCafe

【MLB】大谷の新人王で場外戦!? NYファンに“手のひら返し”記者が反論「直視すべき」

スポーツ フルカウント
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
■OP戦で酷評も開幕後に絶賛したパッサン記者が特集記事「なぜアンドゥハーを破ったのか」

 エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、ア・リーグの「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)」に選出された。この受賞を受けて意外なところで“場外乱闘”が発生し、波紋を広げている。

 この“場外戦”の主役は米ヤフー・スポーツのジェフ・パッサン記者。オープン戦で防御率27.00、打率.125と苦しみ抜いた大谷を「高校生レベルのバッティング」と酷評しながら、開幕後の大爆発で“公開謝罪”して話題となった名物記者は、新人王発表後に自らの投票内容をツイッターで公開した。

 その結果は、1位が大谷、2位がヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手、3位がレイズのジョーイ・ウェンドル内野手。パッサン記者は「アンドゥハーの打撃は気に入っている。彼のグラブ(守備)はそれほどでもないし、そこが痛手だった。ウェンドルは常に素晴らしかった」と2位、3位の選考理由を説明した後に「オオタニが成し遂げたのことは歴史的だ。偉大な打者。投手としても平均を超える。正当な勝者」と大谷について大絶賛していた。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top