亀田和毅、2階級制覇! 史上初「3兄弟2階級制覇」も同時達成 メディナをスピードで圧倒 | NewsCafe

亀田和毅、2階級制覇! 史上初「3兄弟2階級制覇」も同時達成 メディナをスピードで圧倒

スポーツ AbemaTIMES/スポーツ
亀田和毅、2階級制覇! 史上初「3兄弟2階級制覇」も同時達成 メディナをスピードで圧倒

 亀田3兄弟の三男・亀田和毅(協栄=27)が11月12日、アビゲイル・メディナ(スペイン=30)とWBC世界スーパーバンタム級暫定王座戦12回戦を行い、フルラウンド戦い抜き、判定で勝利した。これで和毅はWBO世界バンタム級に続き、2階級制覇を達成。長男・興毅(3階級)、次男・大毅(2階級)とともに、史上初となる「3兄弟での2階級制覇」を達成した。

 2015年9月にWBA世界バンタム級に挑戦して以来、約3年2カ月ぶりの世界戦に挑んだ和毅は、試合序盤からスピードで制した。万全の調整から「過去最高の仕上がり」と自信を見せていたが、リングの上でも絶好調ぶりを発揮した。1階級上げたことにより、持ち前のスピードにパワーが加わり、直近5年間で負け知らずの10連勝中だった同級1位の難敵メディナを圧倒。中盤以降の打ち合いでも引くことなく、終盤でも素早いパンチを繰り出し、最後まで相手にペースを渡さなかった。


 亀田和毅のコメント 相手も世界ランク1位で、勇敢に12ラウンド前に来て、すごいいい選手でした。後半戦、向こうはポイント負けているところで来た時に、最後はお兄ちゃんや家族の声が支えになりました。1ラウンド目からその声で、きついところを乗り越えることができました。世界戦のチャンスがずっとなくて、ようやく日本でできて、みなさんの応援が支えになって勝つことができました。ありがとうございます。最後、ベルトを巻けてうれしいです。内容が全然よくなかったので、それは次の課題として、チャンピオンになれたことで満足です。3兄弟、複数階級達成できて、これもすべて親父のおかげやと思います。親父、ありがとう!


◆亀田和毅(かめだ・ともき) 1991年7月12日、大阪府出身。長男・興毅、次男・大毅とともに父・史郎氏から独特の「亀田流トレーニング」で指導を受けてボクサーに。高校には進学せず、ボクシングの道へ進むと中学卒業後にはメキシコへ武者修行に。2008年、メキシコでデビュー戦を行い勝利すると、全勝で迎えた28戦目にWBO世界バンタム級王座を獲得した。WBA世界バンタム級でジェームス・マクドネルに判定で連敗したことをきっかけにスーパーバンタム級に階級を上げると、ノンタイトル戦4試合に全勝していた。171センチ、右ボクサーファイター。通算成績は38戦36勝(20KO)2敗。


 亀田興毅のコメント アビゲイル選手も素晴らしい選手で、最後まで落ちることなく手数も出してきた。世界ランキング1位だけあって、最後まで気が抜けなかったですね。和毅自身も持っている力があるんで、実力を信じて見ていました。想像以上にアビゲイル選手がいい選手でした。小さい時から親父とボクシングやってきて、信じてやってきて、亀田家大復活やなと。


 亀田大毅のコメント むちゃくちゃうれしいですよ。和毅が苦しい思いをしてきましたから。見ていて久々やなと、懐かしいなと。和毅、おめでとう。僕2階級、やってよかったなと思いますね(笑)


◆亀田3兄弟が獲得した世界タイトル


亀田興毅(3階級)

WBA世界ライトフライ級

WBC世界フライ級

WBA世界バンタム級


亀田大毅(2階級)

WBA世界フライ級

IBF世界スーパーフライ級


亀田和毅(2階級)

WBO世界バンタム級

WBC世界スーパーバンタム級

(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】独占生中継!亀田家大復活の日!和毅×メディナWBC世界Sバンタム級暫定王座決定戦

▶【動画】亀田京之介vs溝越斗夢 元ヤン同士の殴り合いついに決着!亀田三兄弟のいとこ、プロ2勝目へ

《AbemaTIMES》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top