2019年1月から10年間取引のない銀行口座は「休眠預金」に 休眠扱いになる流れを解説します 2ページ目 | NewsCafe

2019年1月から10年間取引のない銀行口座は「休眠預金」に 休眠扱いになる流れを解説します

お金 マネーの達人
2019年1月から10年間取引のない銀行口座は「休眠預金」に 休眠扱いになる流れを解説します
≪画像元:金融庁

この図から休眠預金(移管)とならないためには、

(1) 通知状が登録住所に届くこと(残高1万円以上の場合)
(2) 公告開始~移管までの間に情報提供の求めをすること
(3) 最後の異動から移管までの間に新たに異動をすること

となります。

気になる方は、取引のあった金融機関のホームページをまず、チェックしてみてください!!

休眠預金として移管された後はどうなるのでしょうか?

上図の最後に “預金債権の消滅” とありますので、もう引き出すことが出来ないと勘違いなされる方がおみえになるかもしれませんが、ご安心下さい。

移管後も引き続き、期限無く引き出すことが可能です。

お手続きも取引のあった金融機関でおこなえ、金額についても元の預貯金契約に基づく額が支払われます。

必要書類や手続きに要する時間など詳細につきましては、取引金融機関にお尋ね下さい。

休眠預金等活用法についての詳しい説明はこちらを参考にしてくださいね。

金融庁HP内「休眠預金等活用法Q&A(預貯金者の方などへ)」:https://www.fsa.go.jp/policy/kyuminyokin/kyuminyokinQA.pdf

 

休眠預金等「活用法」を注視することが大切

最後に、休眠預金のお話では皆様関心事がご自身の預金がどうなるかに集まりますが、もちろんそれも重要ですが、もう少し広い視野で物事をみて頂きたいと思っております。

今回の法律は、休眠預金等活用法です。

休眠預金は日本全国で毎年何百億円も発生する見込みですので、そこに利権等が発生しかねません

ですので、その使いみちには目を光らせる必要があります。

そういった視点を持って頂ければ幸いです。(執筆者:小木曽 浩司)

《マネーの達人》

特集

page top