2019年1月から10年間取引のない銀行口座は「休眠預金」に 休眠扱いになる流れを解説します | NewsCafe

2019年1月から10年間取引のない銀行口座は「休眠預金」に 休眠扱いになる流れを解説します

お金 マネーの達人
2019年1月から10年間取引のない銀行口座は「休眠預金」に 休眠扱いになる流れを解説します

以前、“休眠預金”に関する記事を掲載させて頂きました。

あれから2018年1月に「休眠預金等活用法」が施行されてまもなく1年を迎えようとしております。

いよいよ来年からこの法律による休眠預金が発生することになりますので、今回はその後追い記事を掲載したいと思います。

休眠預金等活用法による休眠預金とは?

この法律が施行されるまでは、金融機関や商品によって休眠預金とされる年数等取扱いは各々違っておりました。

しかし、施行後は「2009年1月1日以降の取引から10年以上その後の取引がない預金を休眠預金とする」と統一されました。

また、対象となる商品は普通預金、定期預金、貯金、定期積金などで財形貯蓄や外貨預金などは対象外となっております。

上記のとおり、「2009年1月1日以降の取引から10年以上その後の取引がない預金」ということは、来年(2019年)1月からいよいよこの法律による休眠預金が発生するということです。

いきなり休眠預金として預金保険機構に移管されるわけではありません

いよいよ来年に迫ったこの法律による休眠預金の発生ですが、10年経過したら何の通知もなしにいきなり休眠預金とされて預金保険機構に移管されるわけではありません

金融機関は最後の取引から9年が経過し、10年6ヵ月までの間に「ウェブサイトでの電子公告」や「郵送による通知状の発送」など一定の手続きをとらなくてはなりません。

 金融機関は移管の対象となりうる預金等がある場合には、ホームページに「お知らせ」として掲載したり、残高が1万円以上の場合には預金者の登録住所宛てに通知状を郵送します(メールの場合もあり。1万円に満たないと通知状は郵送(メール)されません)。

このことから実際に移管されるのは最短でも2019年6月以降ということになります。

休眠預金(移管)となるまでの流れと移管されないための注意点

休眠預金(移管)となるまでの流れは下記のようになります。


《マネーの達人》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top