一帯一路事業、規模縮小で合意=債務懸念に中国譲歩―ミャンマー | NewsCafe

一帯一路事業、規模縮小で合意=債務懸念に中国譲歩―ミャンマー

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/ECONOMY
 【バンコク時事】中国がシルクロード経済圏構想「一帯一路」の一環として、ミャンマー西部ラカイン州チャウピューで推進する深海港開発で、ミャンマー政府と中国国有企業の中国中信集団(CITIC)などは8日、事業規模の大幅縮小で合意した。過剰投資で債務返済が滞る事態を懸念するミャンマー側に中国側が譲歩した。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top