真矢ミキ、旅立った母との思い出をつづる「もっと生きていて欲しかった」 | NewsCafe

真矢ミキ、旅立った母との思い出をつづる「もっと生きていて欲しかった」

芸能 AbemaTIMES/芸能
真矢ミキ、旅立った母との思い出をつづる「もっと生きていて欲しかった」

 女優の真矢ミキが8日に自身のアメブロを更新。10月27日に他界した母親への想いをつづった。

真矢ミキ公式ブログよりスクリーンショット


 風邪が原因で急逝した母親について、「今年で米寿とはいえ、もっと生きていて欲しかった」「もっと語り もっと寄り添いたかった」と本音をつづった真矢。「でも、これが母の運命なのだと、今私は自分に言い聞かせています」と心境をつづった。


 真矢は、「今日は本当の母を、本当の私の気持ちを少し語らせてください」とつづり、母親との思い出の数々を紹介。宝塚歌劇団のトップスターになった日に、「母はどんな気持ちなのだろうと、わくわくしながら沢山の花束を抱え帰宅」したところ、開口一番に「花束を置いて、早くゴミ出ししてきなさい」と言われたことを明かし、「おごらず、いつも普通にかえる感覚を私に植え付けた母だった」と振り返った。


 そんな母親の口癖は「普通が一番」だったといい、「母は私に何が言いたかったのだろう…と時折考えて今日まで来た」「一つ一つ、母の残した言葉が、私のまわりをふわりと彷徨う」と、母親の言葉に想いを巡らせている様子。「きっと私は今、私の人生の節目に立っているのだろうと思う…」とつぶやくも、「だけど先ずは、ゴミだしをしてこようと思う」「何があったって、いつもと変わらぬ生活に戻れる強さが大切なのかもしれない」とつづった。


 現在でも「思い出せば、蛇口をひねるように涙の量は半端ない」と明かし、「普通が一番」という母親の言葉について「善き時も悪しき時も、普通に戻る精神を持ちなさいという事なのか」「やっと、なんとなくわかったような気がする」と述べた真矢。「母の教えに包まれて なんの根拠もないけど、あの母親の子ですから、なんか大丈夫な気がしています」とつづった。


 ブログの最後では「時は過ぎていく 何があっても、何事もなかったように、時は過ぎていく…」とつづり、「秋の夜長とはいえ、ながい話にお付き合いいただきました」「ありがとうございました」と感謝を述べて締めくくった。

《AbemaTIMES》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top