黒木瞳“まさか処女”!?ドラマ『黄昏流星群』の衝撃設定にあぜん | NewsCafe

黒木瞳“まさか処女”!?ドラマ『黄昏流星群』の衝撃設定にあぜん

芸能 まいじつ/entertainment
黒木瞳“まさか処女”!?ドラマ『黄昏流星群』の衝撃設定にあぜん

11月1日に放送されたドラマ『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』(フジテレビ系)第4話で、まさかの設定が発覚し、視聴者から「ありえない…」などのツッコミが続出している。


【関連】ついにキス!? 中山美穂『黄昏流星群』の淫ら過ぎる展開にドン引き ほか

同ドラマは、『ビッグコミックオリジナル』で連載されている同名漫画の実写版。佐々木蔵之介、中山美穂、黒木瞳といった俳優陣がメインキャストを務め、不倫や浮気関係の中にも純愛を描く“大人向け”の恋愛ドラマとなっている。


主人公は佐々木演じる瀧沢完治で、中山演じる真璃子とは夫婦関係。しかし完治は旅行先のスイスで栞(黒木)に出会い、一夜を共にしようとするほど心奪われていた。


結局夜は明かせなかった完治だが、栞が勤務先の社員食堂に務めていると分かると“運命の恋”に堕ちていく。


 


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top