小中高生対象「未踏ジュニア」2018年度は12件14人を採択 | NewsCafe

小中高生対象「未踏ジュニア」2018年度は12件14人を採択

子育て・教育 リセマム/教育ICT/高校生
未踏ジュニア
  • 未踏ジュニア
  • 2018年度の採択者および成果
  • Edvation x Summit
 17歳以下のクリエータやプログラマに対して、専門家による指導や開発資金などの援助を行う「2018年度未踏ジュニア」の審査結果が公表された。105件の応募中、12プロジェクト14人が採択された。

 未踏ジュニアは、独創的なアイデアを持つ17歳以下の小中高生や高専生に対して、各界で活躍するエンジニアや専門家による指導のほか、最大50万円の開発資金や開発場所、工作機材の援助を行い、開発したいものの実現を支援するプログラム。

 2018年度は、105件の応募があり、12プロジェクト14人が採択された。また、特に優れた成果を残したクリエータとして、三橋優希さんや平野正太郎さんなど6人が「未踏ジュニアスーパークリエータ」に認定された。各プロジェクトの最終成果報告会における発表のもようは、後日動画として公開される。

 11月4日には、「未踏ジュニアスーパークリエータ」の認定式がEdvation x Summitの特別企画として開催される。Edvation x Summitの他セッションへの参加は有料だが、未踏ジュニアスーパークリエータ認定式に限り無料で参加できる。なお、高校生以下は全セッション無料で参加できる。
《工藤めぐみ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top