サウジ記者死亡は「計画的殺人」=黒幕存在も念頭―トルコ大統領 | NewsCafe

サウジ記者死亡は「計画的殺人」=黒幕存在も念頭―トルコ大統領

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/INTERNATIONAL
 【イスタンブール時事】トルコのエルドアン大統領は23日、首都アンカラで開かれた与党・公正発展党(AKP)の会合で演説し、イスタンブールのサウジアラビア総領事館で死亡したサウジ人記者ジャマル・カショギ氏に関し、事前に計画された「残忍な殺人の被害者だ」と明言した。サウジが先に発表した「口論の末の過失」という見解を真っ向から否定するもので、サウジの威信が大きく傷つくのは避けられない状況だ。
 事件をめぐっては、トルコ当局が容疑者と見なす人物の中にムハンマド・サウジ皇太子に近い人物が含まれており、皇太子の指示があったかが焦点となっている。エルドアン大統領は皇太子の関与について言及しなかったが、イスタンブールに渡航してきたサウジ人の容疑者が「誰の命令で来たのか」と問い掛け、事件を主導した黒幕がいるとの認識を示した。
 大統領は演説で、サウジ側が事前に総領事館の監視システムを作動しないようにしていたことなどを指摘し、殺人は「計画された作戦」だったとの見方を示した。その上で、サウジが指導部の関与を認めていないことを念頭に「責任を一部の治安、情報要員に負わせることについて、われわれや国際社会は納得しない」と訴えた。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top