阿部寛『下町ロケット』想定外の大苦戦!自ら首を絞めた原因とは? | NewsCafe

阿部寛『下町ロケット』想定外の大苦戦!自ら首を絞めた原因とは?

芸能 まいじつ/entertainment
阿部寛『下町ロケット』想定外の大苦戦!自ら首を絞めた原因とは?

10月21日に放送された阿部寛主演ドラマ『下町ロケット』(TBS系)第2話の視聴率が、12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが分かった。


【関連】失速!『下町ロケット』第2シーズンで視聴率が大暴落した理由とは? ほか

1話の13.9%に続き2ケタは維持したものの、前回から1.5ポイントダウンの下降トレンドに入っている。『日曜劇場』枠で放送されている同ドラマは、池井戸潤氏の同名小説が原作で、2015年に放送されたシーズン1の続編。主演の阿部をはじめ竹内涼真、土屋太鳳、安田顕など人気俳優たちが出演し、シーズン1の平均視聴率は18.5%と高い数字を獲得した。


『半沢直樹』、『ルーズヴェルト・ゲーム』、『民王』、『陸王』など、実写版が次々と成功を収めている池井戸作品。さらに「下町ロケット」はシーズン1の実績も充分だったはずだが、なぜ今回はここまで苦戦しているのだろうか。


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top