座って帰れる東急の「Q SEAT」12月開始 大井町線・田園都市線で運転 | NewsCafe

座って帰れる東急の「Q SEAT」12月開始 大井町線・田園都市線で運転

車・乗り物 乗り物ニュース
6020系電車7両編成のうち3号車に「Q SEAT」のラッピングを施す(画像:東急電鉄)。
東急電鉄が、平日夜の大井町線に有料座席指定サービス「Q SEAT」を導入へ。6020系電車のうち1両を使用します。

平日夜に5本運転

 東急電鉄は2018年10月23日(火)、大井町線の有料座席指定サービス「Q SEAT」を12月14日(金)から開始すると発表しました。

 平日夜に、大井町線から田園都市線方面へ帰宅する際の着席ニーズにこたえるサービスです。大井町線6020系電車7両編成のうち1両(3号車)を、ロングシート(窓を背にした座席)からクロスシート(進行方法向きの座席)に転換できる車両に置き換えて、大井町発・長津田行きの急行列車として運転します。 サービス愛称の「Q SEAT」は、公募で集まった3585件のなかから選定。東急、品質(Quality)、迅速(Quick)の「Q」に、座席の「SEAT」を加えたものといいます。既存車両よりも広い座席とし、電源コンセントやカップホルダーを設置。車内Wi-Fiも無料で利用できます。指定料金は一律400円。座席数はクロスシート36席とロングシート9席の計45席です。平日夜の有料座席指定サービスは、東急電鉄では初の試みといいます。
《乗りものニュース》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top