東京株、600円超安=中国懸念で一時2万2000円割れ | NewsCafe

東京株、600円超安=中国懸念で一時2万2000円割れ

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/ECONOMY/STOCK
 23日の東京株式市場は、中国経済の先行き懸念を背景とした上海株の下落などを嫌気し、全面安となった。日経平均株価は一時、2万1993円07銭と取引時間中としては8月16日以来約2カ月ぶりに2万2000円を下回った。終値は前日比604円04銭安の2万2010円78銭と急反落した。
 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は44.59ポイント安の1650.72。3月23日に付けた今年最安値を下回り、2017年9月15日以来およそ1年1カ月ぶりの低水準だった。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top