運命のドラフト目前、12球団の過去5年の“ドラ1力”は? 【セ・リーグ編】 | NewsCafe

運命のドラフト目前、12球団の過去5年の“ドラ1力”は? 【セ・リーグ編】

スポーツ フルカウント
広島・野間峻祥(左)、大瀬良大地【写真:荒川祐史、編集部】
■2013年のドラフト1位・広島の大瀬良は15勝を挙げ最多勝に輝く

 来たる10月25日、都内のホテルで2018年度のドラフト会議が行われる。今年は、甲子園準優勝で“金農旋風”を巻き起こした金足農の吉田輝星投手をはじめ、大阪桐蔭の根尾昂、藤原恭大、柿木蓮、報徳学園の小園海斗と、高校生に注目株がズラリ。大学生でも東洋大の上茶谷大河、甲斐野央、梅津晃大、日体大の松本航といった本格派投手が1位候補に名前が挙がっている。

 一体、各球団がどの選手に入札し、どれほどの重複指名が生まれるのか。例年、大きな注目を集めるドラフトだが、選手にとって大事になるのは、入団してからの方。高卒選手ならばじっくりと育てられ、3年、5年経った頃に1軍の戦力となってくれることを期待される。一方で大卒や社会人出身の選手は、やはり即戦力として1年目から働くことが期待される。

 では、12球団が過去5年間で指名したドラフト1位の選手たちは今季どれほどの成長を見せ、どれだけ活躍したのだろうか。ドラフト1位をどれだけ戦力として育て上げたのか、各球団の“ドラ1力”を見てみよう。今回はセ・リーグ6球団だ。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top