友人トラブル「把握せず」=学校側、逮捕生徒の供述で―祖父母殺傷 | NewsCafe

友人トラブル「把握せず」=学校側、逮捕生徒の供述で―祖父母殺傷

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 埼玉県和光市の高齢夫婦殺傷事件で、祖母(82)への殺人未遂容疑で逮捕された孫で中学3年の男子生徒(15)が、県警の調べに「許せない生徒がいて殺すつもりだった」という趣旨の供述をしていることについて、生徒が通う県内の中学校側が友人とのトラブルなどを把握していないことが22日、学校側への取材で分かった。
 取材に応じた同校の教頭は「全く心当たりがない」と語った。県警は事件の動機や背景について慎重に調べを進めている。
 事件では祖父(87)が死亡し、祖母も重傷を負った。捜査関係者によると、男子生徒は殺人未遂容疑を認めた上で、「学校に許せない生徒がいて殺すつもりだった。迷惑を掛けないように、自分の家族を先に殺そうと思った」という趣旨の話をしているとされる。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top